【怖い話 洒落怖】古びた洋館が 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 洒落怖】古びた洋館が 長編

兄と、兄の友人に実際に起きた話し。

兄は、箱根にあった古びた洋館へ、

友達数人と肝試しに行った。

伝え聞く所によると、その洋館へは、

IMG_2450.jpg


白い服を着て行くと呪われると言う。

当時怖いもの知らずな
兄と友人たちのうち二人の計三人が、
白い服を着て出かけ、腐った扉から中に入ったりして、
その日は何事もなく帰って来た。

それから、三年経ち肝試しのこともすっかり忘れて、
それぞれが社会人として慣れ始めた頃、
その時白い服を着て行ったうちの一人のIさんが、
ノイローゼで自殺したとの一報が入った。

悩みを聞いてあげる時間が取れなかったことを、
仲間たちが大変悔やんだそうだ。

そして、その年の秋、兄の誕生日のこと。

兄の親友で、白い服を着て行ったもう一人のKさんが、
兄の誕生日を祝うためにうちに彼女と訪れた。

しかし、兄も不在で、Kさんは、
うちの近くにあった別の友達の家に寄り、
彼女の門限だからと、帰った。

別の友達の家からすぐの信号で、
Kさんの乗ったバイクは、
信号無視の居眠り運転のタクシーにぶつかられた。

後ろに乗っていた彼女は、辛うじて無事だったものの、
前に乗っていたKさんは、
ほぼ即死だったであろうとの結果を伝えられた。

兄は、自宅にいなかった自分を責めながら、
親友との思い出に浸る日が続いた。

そんな中、箱根に肝試しに行ったことを思い出し、
次は自分の番だと怯え、霊能者の元へ行った。

お祓いをしてもらい、何とか落ち着きを取り戻し、
忙しい日常へと戻っていった。

そして冬になり、兄は事故を起こした。

死線を彷徨ったものの、一命を取り留め、
先に亡くなった二人がいると、
訳のわからないことを叫んだりしていました。

それも退院するまでの事で、
病気から出て自宅療養になると、
二人の墓前に行き無事の報告をした。

Kさんのバイク事故には、更に後日談があり、
同乗していた彼女は、精神が崩壊してしまい、
未だ社会復帰が出来ておらず、
タクシーの運転手も、裁判の期間中に、
表向きは自責の念に駆られて自殺をしたことになっている。

バイク事故から、20年ちょっと経っているので、
その古びた洋館がまだ取り壊されず残っているかは、
当方の知る由もない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます