【怖い話 最も怖い話】私にまで強制的に遺伝してる 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 最も怖い話】私にまで強制的に遺伝してる 短編

初めて書き込みさせていただきます。

私は18歳の高校生(女)なんですが、卒業した

先輩に聞いた話を紹介したいと思います。

以下、聞いたままを記載します。

IMG_2353.jpg


「私がまだ生まれる前、お兄ちゃんが2つか3つの頃だったんだけど、家族で一軒家に引っ越したことがあったのね。特に建物が古いとかってわけでもないしとにかく安いからって理由で買ったんだけど、案の定、曰く付きだってことを入居した後に聞かされたんだよ。」

「どうもうちらが入る1ヶ月だか前に、向かいの家で焼身自殺があったらしいのね。そんでこの家をうちらが買った方ね。でも前の住人がその場面(焼身自殺)をモロに見ちゃったとかで、ショック死だか発狂したんだか知らないけど、とにかく行方不明になっちゃったんだって。」

「でも今更そんな話聞かされたってもう手続きした後だったし、もちろん気分良いわけないけど仕方なくそれには目を瞑って暮らしだしたわけ。」

「けどその日から明らかにお兄ちゃんの様子がおかしくなった。」

「階段の踊り場の窓から例の向かいの家が見えるんだけど、そこを通る度にお兄ちゃんが言うの。『人が燃えてるよ!』って。まだ3歳の子供がだよ?」

「他にもお風呂に入ったら入ったでいきなり泣き出すし、ことあるごとに『怖いおばあちゃんに殺される』とか口走るしで・・・さすがに親もまずいんじゃないかと思い始めたけど、具体的にどうしたらいいのかわからないまま時間が経ってお兄ちゃんの妙な言動はそのまま幼稚園に上がっても続いてたの。」

「結局そこには2年くらい住んでたんだけど、その2年の間に病気だなんだでお兄ちゃん3回くらい死にかけたって。」

「入退院も年齢の割にはあり得ない回数だったらしいし、このままじゃ本気でヤバいと思った親がやっと有名な霊能者だかを呼んだんだって。遅せーよって話だけど(笑)そんでその霊能者が、お兄ちゃんを見るなり言うのよ。『この子よく今まで生きてたね、もう10体以上憑かれてるよ』って。」

「そんなん言われたらもう引っ越すしかないじゃん。何とか今の家探して移って来たらしいけど、そんなヤバい家に2年も住んじゃったもんだからもう家族全員バッチリ見える様になっちゃってて、父さん家帰って来た時『おーい、玄関の前で女が泣いてるから塩まけ塩』とか言ってるくらい。しかも、その後生まれた私にまで強制的に遺伝してるし、マジ冗談じゃないよね。」

「今はもういい加減慣れたから、お兄ちゃんとゲームしてる時後ろで見てるのがいてもシカトできるし、チョコ(犬)が庭のユズの木の首吊り霊に吠えてても黙って部屋に上げるのがあたりまえになっちゃってるけど、この間久々にまずいと思ったことがあったよ。」

「夜10時くらいにチョコの散歩に出かけた時、近所の公園の横通った時に中に人影が見えたのね。最初は気にしてなかったんだけど、よく見たら首に縄ついててしかも顔が血で赤いんだ。『あ、コレやべえ』と思ったんだけど足が動かなくて、犬も怯えて座り込んでんの。」

「焦ったよ、何かあっちも気付いたらしくて笑いながら近づいて来てるし、これ本気で死ぬかもってちょっと覚悟したもん。」

「その時ちょうどお母さんが私が忘れたフン袋持って追いかけて来てて、固まってる私に『いいから。何も見えないふりしてゆっくりこっちに来なさい』って言って何とか助けてくれたんだけど、あれ系奴って普段滅多に見ないから油断してたんだね。あれは本当にギリギリだったと思うよ。」

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます