【怖い話 最も怖い話】5年くらい前の話。キャバクラにはまってた事がある。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 最も怖い話】5年くらい前の話。キャバクラにはまってた事がある。短編

5年くらい前の話。

キャバクラにはまってた

事がある。

いや、今もはまってる・・・。

IMG_2058.jpg


初心者だった俺は嬢から名前を聞かれると、恥ずかしさや嫁への後ろめたさ(?)もあり、思わず
「ジョ、ジョニー。J・O・H・N・N・Yでジョニーです!」と、答えてしまい、それ以来俺はその店ではジョニーになった。

ある日、嬢の名刺をうっかり家に持って帰ってしまい、嫁と喧嘩になった。

「あんた!いい歳して、何がキャバクラよっ!!」

「はいはい。分かりました。キャバ通いは止めます。これからキチンと連絡もします」と、言う事でなんとか落ち着いた。

しばらくはおとなしくしてたのだが、ほとぼりが冷めた頃、またキャバ通いを始めた。
そして、相変わらず家には連絡もせず・・・。

「俺、ミナミちゃんに本気になっちゃいそう」

「え~、本当?わたしもジョニーにくびったけ(ハート)!」と、キャバクラで嬢と絶妙なトークを繰り広げている時だった。

ふいに店内放送が聞こえた。

『○○区からお越しの○○様。フロントまでお越しください。ご自宅からお電話が入っております』

その瞬間、飲んでたビールが穴という穴から吹き出そうになった。
実際、鼻から出た。

「どうしたのジョニー?」

嬢の声で我に返る俺。

「ああ、ごめん。おっと、もうこんな時間だ。電車の時間があるから今日はこの辺できりあげようかな」

「え~!ミナミ寂しいぃ。まだいいじゃん」

「いや、明日も仕事だし。また来るからさ」

後ろ髪を引かれる思いだったが、上着を着て退散した。

家に帰り、平静を装いつつ、会社仲間と居酒屋で飲んでたと説明をしたが、「へ~~~」と言った時の、嫁のまとわりつく様なあの目線が未だに忘れられない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます