FC2ブログ

【怖い話 一番怖い話】【オバケになるぞ】短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 一番怖い話】【オバケになるぞ】短編

日常に潜む怖い話をいくつかご紹介。

【オバケになるぞ】

ある日、兄がカブト虫の幼虫を

沢山採ってきました。

IMG_2483.jpg


僕も欲しくなり何処で採って来たのか、聞きましたが教えてくれません。

僕は裏山だと思い、次の日友達と2人で裏山に行きました。
幼かった僕たちは、カブト虫の幼虫がどんな所にいるか判りません・・・。
なので手当りしだいに掘って行ったのですが、もちろん採れません・・・。
僕たちどんどん山の奥に入って行きました。

すると、ちょっと土の色が違う所を発見しました。

「きっとここだよ。」

僕たちは嬉しくなり、掘り出しました。
すると、急に後ろから「君たち何やってるの?」と声がしました。
振り返ると、見知らぬおじさんが立っていました。

僕たちは「カブト虫の幼虫見つけてるんだ」言うと、おじさんは「そんな所には、いないよ。他を探したら」と優しく言いました
でも僕たちは「掘った跡もあるし、きっといるよ」と掘り続けました。
すると、不意に静かな声でおじさんが言いました

「それ以上掘ると、オバケになっちゃうぞ」

おじさんは、ニコニコしてカブト虫の幼虫の取れる所に、手を繋いでつれて行ってくれました。
おじさんの手が震えていたのを憶えています。
今思うと何が埋まっていたのか・・・。
そして、「オバケがでるぞ!」とオバケになるぞ、を言い間違えただけなのかは判りません。
答えは裏山の中に埋まっています・・・。

忘れもしない幼稚園生の時の話でした。



【危険な雰囲気】
名古屋勤務時代の話。
テレクラでGETした子に名前と携帯の番号を教えたんだ。
そしたら、今(AM03:00)から今池のビデオレンタル屋に来てくれという。

そんな時間に営業してる店じゃないし、暗い中てくてく歩いてったんだ。
途中、非通知で携帯に着信。

「おい、さとし(仮名)。」と男の声。

『は?だれっすか?』

「俺だよーさとしー。俺俺ー。」

『俺って言われてもわかんないんですけど。』

「お前、薬もってるだろー?ちょっと分けてくれよー。」

『いや薬なんて持ってないよ?』

とりあえず歩いてって待ち合わせ場所へ。
当然俺一人しかいないわけ。
そしたらフルスモークの白いシーマがゆっくり通り過ぎてった。
んでまた電話。
今度は女の声だ。

「ごめん、わるいんだけどー、そこから北に行ってコンビニに入ってくれないかなー。そこで待ってて。」

しょうがないから歩きましたよ。
周りは道路に座ってる若い子達がちらほら。
んでコンビニに入ったら、また携帯がなった。

「おい、さとしだろー?今から行くからまってろよー」

とりあえず逃げましたよ。
はい。
今池のダイエーのあたりの裏道から特浴跡を走って、走って、広小路通から新栄まで。

一連の事が意味わからなかったけど、洒落にならない事になる?と思って逃げた。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます