【怖い話 恐怖体験談】自分の死を知らせる患者 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 恐怖体験談】自分の死を知らせる患者 短編

昨日友人から聞いた話ですが友人の

従姉妹は今でいう看護士をやってる

らしいですが霊感があるらしく

夜勤中にこういう体験をしたらしいです

IMG_3466.jpg


見回りをしている時にふとあるベッドを見ると患者さんがいなかったのです

その患者さんは今にも死にそうな方だったので動けるはずもないのですがベッドから転げ落ちたのではとか色々考えて辺りを探したらしいです

しかし自分一人で探してても埒があかないと思った彼女はナースセンターへ戻り同僚にその旨を伝えて皆で辺りを探し回ったらしいです

結局見つからず、もう一度その患者さんの部屋に見に行ってみるとちゃんと寝ていたらしいです

意識混濁状態の人が勝手に動けるはずもなく、同僚たちに

「見間違えじゃないの?」

と言われ、そんなはずはないと思いつつも異論は唱えなかったらしいです

結局なんだったのだろうと思いながらも仕事を続けていました

大分時間が経った頃ナースセンターでカルテやら調べたりしている時にふと何かを感じ取って顔を上にあげました

そしてカウンターの窓越しに見たのです

その患者さんが肘でずりり…ずりり…と這ってくるのを!

這ってくる患者さんと目が合った彼女は怖いとかそういう感情はなく

「あ、この患者さん亡くなったんだ、知らせにきたんだ」

と思ったらしいです

案の定病室に行くとその患者さんは息を引き取ってたらしいです

自分の死を知らせる患者

自分がナースなら絶対に遭遇したくないですねw

文章分かりにくかったらスマソ


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます