FC2ブログ

[超怖い話 実話] トントン トン 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] トントン トン 短編

超怖い話 実話 短編


昨日、親戚のおじさんのお葬式に行ったのですが・・・

朝、気配がして目が覚めました。

寝ている体勢は、身体の右側を下にして横向きで寝てたのですが・・・


” トントン トントン ”

って左肩をずっと叩かれてました。

肩の叩き方が一定のリズムで、ねえねえって感じで・・・

最初は家の誰かが起こしに来たのかなって、寝ながら思ってました。

でも、話しかけもせずにずっと叩き続けるから、勢いよく起きてみた。


誰もいない・・・・


しかも、もう家の人達はどこかに出かけてたみたいで、シーンとしていました。


IMG_2076.jpg

その前の日、お葬式から帰った後に何だか変だった。

部屋にいて、耳鳴りが断続的に続いてて、いやな雰囲気を感じてたんだけど、その時はたいして気にもとめてなかった。

やはり、おじさんが何か知らせに来たのか?

それとも迎えに来たのか?

” トントン・・・トントン・・・・

 トントン・・・・・・



超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます