【怖い話 実話 じわ怖】雨の中傘さして家に帰ってる時、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】雨の中傘さして家に帰ってる時、 短編

小学生の時の話なんだけど。

今日みたいな雨の日に、雨の中傘さして家に帰ってる時、

前方から、小学生2~3年生ぐらいの

女の子が歩いてきたのね。

IMG_2123.jpg


水たまりがあちこちにあったから、
足を取られないよう、前方と足下を交互に見ながら歩く。

女の子との距離が段々と近づく。
女の子の白と青の傘と、ピンクの長靴が見えて、
また足下に視線を落としたら、水たまりが黒い。

真っ黒。

他の水たまりは、その下のアスファルトが見えてたんだけど、それだけ真っ黒。

まるで深い穴のように。

びっくりして見ている間に、女の子が水たまりに足を踏み込んだ。

そしたら、すぽっと、女の子がその水たまりに落ちた。

その水たまりは、女の子の体も傘も、全部吸い込んだ。

唖然として一瞬固まってしまったんだけど、
「助けなきゃ!」と思って水たまりに手を伸ばしたら、
そこに穴はなく、ただアスファルトに手がついただけだった。

あまりの出来事にびっくりして、ダッシュで家に帰って、
オカンに「目の前で水たまりに女の子が吸い込まれた!」と言ったんだけど、ガン無視された。

もう20年ぐらい前の話なんだけどね。

おそらく記憶を勝手に作ってしまったんだろうけど、今でも不思議だよ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます