【怖い話 実話 じわ怖】自分が凄い能力を持ってると言う自覚 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】自分が凄い能力を持ってると言う自覚 長編

中学時代の話を思い出した。

二年の時のクラスメイトに、

他人の空腹具合を顔見ただけで分かる女子、Sが居た。

地味めでおっとりした子なんだけど、

IMG_1773.jpg


昼飯時になるとたまに、

「〇〇、朝ご飯食べてないでしょ?私の玉子焼きあげるね~」

とか言って来て、
お弁当を分けてくれる子だったんだが、
事実彼女の指摘した事は当たってる。

自分も何度か、

「あんまりご飯食べてないでしょ?」

とか言われる事があるんだが、
そう言う時は大抵、食パン一枚とかスープ一杯とかだったりする。

ちなみに、朝飯食べてないとか、そんな発言はしてない時に限って。
(してる時もあるが、そう言う時も「だろうねー。お腹ぺこぺこでしょ?」とか言い出す)

で、そんな噂を聞きつけた別のクラスのDQNが居てな、
そいつが休み時間そのSを訪ねて来て、

「俺らの事当ててみろよ」っ

て、ズラズラと横に8人くらい並び始めた。

それをにこにこしながら、Sはそれぞれ指さして、

「貴方はあまり食べてないね。貴方はちゃんと食べてる。貴方は……」

って、淡々と当て始めた。

仕舞には、

「君はさっき何か食べた?駄目なんだよ。お昼ご飯まだなのに」

とか言い出す。

最初は嘘だ嘘だと周りも騒いでたが、本当かと尋ねたら、
指摘された奴は、ポケットの中に入ってたカロリーメイトをこっそり食ってたらしいw

1人空腹じゃないと言った奴だけは外れてたんだが、それ以外は全て正解。

一時期、学年の一部でヒーロー扱いされてたw

Sが言うに、小さい頃から家族の料理を作ってたらしいんだけど、(料理は凄く上手い)
家族が自分の料理を食べているのを見てる内に、
空腹と満腹の状態で、人の雰囲気が変わる事に気付いたらしい。

上手く説明はしてくれなかったが、人の顔色や雰囲気で腹具合が分かるらしい。

「要は、少しずつ訓練して覚えていった能力なの?」

って尋ねたら、

「うん。多分そうだと思うよ~」って言ってた。

と言う事は、今後の訓練次第で、
もっと能力が磨かれるんじゃ…と思ったんだけど、本人は

「まぁ何の役にも立たないよねーw」

って感じで、自分が凄い能力を持ってると言う自覚は無かった。

でもこれ、絶対何かの役に立つと思うんだけどな…と思っていた中二時代。

結構仲良かったんだが、今は何してるか分からない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます