FC2ブログ

[超怖い話 実話] カメラの男 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] カメラの男 長編

超怖い話 実話 長編


去年の夏でした。

その日は猛暑日で朝から真夏のように暑く、あまりの暑さにタンクトップで、洗濯物を干してると

路上でカメラを向けている男が目に入りました。

” ぎょ ”

としましたが、もちらが睨んでも平気でカメラを向けたまま・・・

気持ち悪くなったので、とりあえず家の中に引っ込んだのですが、隣の部屋の窓から顔だけ出して見ると

まだカメラを向けてきました。

頭にきたので、私も使い捨てカメラを持ってきてその男に向けると、

男はあわてて、こそこそと立ち去りました。

IMG_2061.jpg

その後、男は見なかったので、もういいやとは思ってたのですが・・・

あの時に男を撮った、現像した時1枚だけ写したはずのその男の写真がありませんでした。

撮った男のその写真らしいとこが、灰色みたいなぼんやりとグレーになってるし。

気になったので、写真を現像したお店で

「 この写真は 写ってなかったんですか? 」と持って行って聞いてみました。

『 画像ではこの様になってしまって・・・・』

て店のパソコンみたいなので、その写真だけ画像で出してくれたのですが・・・・

その男の後ろ姿が映っている様な、写真だったのですが・・・


” 右半分だけ映っていて、左半分だけが何かで切られ


   たかの様に、スパッと無かったです ”



お店の人は、現像しますか? と、聞きましたが、断りました。

気味が悪かったです。


超怖い話 ランキング ★★★★☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
  • No Tag
2018.06.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます