【怖い話 実話 ほん怖】「どうか命が助かりますように」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほん怖】「どうか命が助かりますように」短編

東京の隅田川に架かる橋のひとつ新大橋。建て替える前の

鉄橋は関東大震災や東京大空襲でも焼け落ちず、

橋の上にいた人が全員無事だった事から、

『人助け橋』と呼ばれていたのだが…

IMG_1719.jpg


実は避難民に混じって、
お馴染み水天宮や強運厄除の小網神社の御神体も一緒に避難していて、
両端から火が迫る中、人々は

「どうか命が助かりますように」

と、ひたすらそれに向かって祈り続けていたのだそうだ。

あの火災で橋が残ったのはもしかして…


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます