【怖い話 実話 意味怖】実家にある樹には毎年花が咲く。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】実家にある樹には毎年花が咲く。短編

実家にある樹には毎年花が咲く。

今年もまた白い花ばかりだな。

「え?同じ樹から違う色の花が咲くの?」

「ううん。たいてい白い花よ。

IMG_1735.jpg


でも一度だけ赤い花が咲いたことあるの。すごく綺麗だったわ。

きっと20年に一度か30年に一度赤い花が咲くのよ」


「もう咲かないわよ多分」





【解説】





アジサイは死体を埋めると、

青いはずのアジサイが赤くなると言われている。



アジサイは

酸性の土壌だと青色

アルカリ性の土壌だと赤色

になるようだ。



そして、死体を埋めた土壌は

アルカリ性に近い土壌となるため、

アジサイは赤くなる…と。



なので、一度だけ赤い花が咲いたのは、

その時に死体が埋められたから。



『もう咲かないわよ多分』

と言ったこの人が死体を埋めた者だろう。





とはいえ、今回はアジサイの話ではなく、

『樹』の話である…。



サクラの樹の下に死体を埋めると…

なんて言われているが、

実際はどうなのかわからない。



赤い花になったのは死体の栄養を吸ったから、

というよりも、呪いの方がしっくりくるかもしれない…。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます