【怖い話 実話 意味怖】「お前を絶対許さない」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】「お前を絶対許さない」 短編

結婚式の前夜、帰宅すると

留守電が10件も入っていた。

「お前を絶対許さない」

「目立つなチビカス!」

IMG_1698.jpg


「デブひろw」
「飛べない豚はただの豚ひろ~」
「浮かれてんじゃねえよハゲ!」
「人並みに痩せろ!」
「ろくでなし」
「式の前に殺してやる」
「くっさー死ね!」
「ん~、チビのくせに結婚?」



内容はすべて誹謗中傷で、

しかも音声が加工されていたため誰だか分からなかった。


思い当たる節をあれこれ考えていると、突然、電話が鳴った。



A「お~い博志、ビビってるか?」
B「ごめん博志君。許して~」
C「暗号だよ暗号。ひろクン」
A「台本書いたのはCだからな。恨むならCだぞ(笑)」



ふざけやがって、あいつら…分かりづらいわ、こんなもん!


明日、式場で会ったら全員しっぺだな。





【解説】





一文字目を縦読みすると、



「おめでとうひろしくん」



となる。



『A「台本書いたのはCだからな」』

とあることから台本を書いたのはC。



しかし、Cは、

『C「暗号だよ暗号。ひろクン」』

のように、「ひろしクン」ではなく、

「ひろクン」と呼んでいる。



なので、Cの台本通りなら、

「おめでとうひろくん」

になっていたはずである。



では、あぶれものはどのような言葉かというと、

『式の前に殺してやる』

というぶっそうな言葉である。



これは殺人予告であり、

『A「台本書いたのはCだからな。恨むならCだぞ(笑)」』

と言っていることから、

Aが式前に博志を殺し、

留守電の台本を作ったCが疑われる、

というシナリオなのだろう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます