【怖い話 本当にあった怖い話】「遊ぼうおじさん」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 本当にあった怖い話】「遊ぼうおじさん」短編

これはある本のモデルにもなってる

僕が本当に体験した話です。

私の住んでる東京のある地域で10年程前に

「遊ぼうおじさん」という正体不明な人がいました。

IMG_2045.jpg


私はその頃小学生でした。

その人は紙袋に左右不対称な目を書いて
頭に被っていました。

ちょうど首の辺りを縄で結んでいました。

生徒が夜八時ごろまで学校に残っていると
おじさんが迎えにくるんです。

けどおじさんは
絶対に校舎には入ってこれないんです

僕は鍵っこだったので家に帰っても暇なので、
おじさんを見てやろうと思いました。

僕は先生の目を盗んで
校舎内に七時半ごろまで残っていました。

しかしやっぱり小学生なので、
考えると非常に怖くなったから帰ろうと思った。

正面玄関は鍵がかかってるので開けられないから
そのまま通り過ぎようとしました。

だけど玄関の外を見ると
誰かがいました。

「あそぼう、あそぼう」

何回も繰り返して言ってます

「絶対ヤバイ!」

そう思った私は一生懸命に走って
違う出口に向かおうと思いました。

廊下の窓から外を見ると
おじさんも走っています。

叫んでます。

「あそぼうー」

僕はもうどうしようもなく怖くなり
広い所へ逃げたくなりました。

気が付くと体育館まで来ていました。

しかしあんな広い所に電気なしでは怖すぎる。

急いで電気をつけました。

しかし一瞬で後悔しました

体育館の窓の前全部におじさんが立って窓を叩いて。

「あそぼうー」

僕はそこで気を失ってしまいました。

次の日僕は先生にこっぴどく怒られました。

夢だと思いたかった

しかし外には紙袋が捨ててあったんです…


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます