【怖い話 実話 本当にあった怖い話】今までで一番恐い思い出 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】今までで一番恐い思い出 短編

ガキの頃、夏休みに連れと自転車で自宅から

10㎞程離れた森林にカブト探しに行った。

あらかじめ、クヌギの木に

バナナや蜂蜜を塗っておくために、

IMG_1571.jpg


初日は夕方の七時ごろに行った。

最初のうちは明るかったが、
三十分も経てば暗くなってきたから、
適当に作業を澄ませ、山から出ようとした。

連れと

「明日、カブト獲れるかなぁ?」

とか話ながら下山してると、
山頂から凄い勢いで走ってくる足音がした。

『ダダダッ、ダダダッ、ダダダッ、』

まるで馬のような感じで。

俺と友人はビクついて振り向いたが、
何も居ないし、その足音も聞こえなくなった。

「今、すげぇー足音しなかった?」

っと友人が聞いてきた。

「うん!聞こえたよ」

と答えた瞬間、再び足音が、

『ダダダダダダダ!』

今度はかなり荒々しい音で
俺たちに近いところから聞こえてきた。

振り向くと、両目をありえない程見開いて、
口元から20㎝程の長い舌を垂らした女が、
だらしなく伸びた髪を振り乱しながら、
俺たちを凝視しながら横走り(蟹走り?)してきていた。

俺たちは恐怖のあまりに
声も出せずに一目散に走って逃げた。

20m程走って振り向くと、
その女は居なかった。

何をされた訳でもないが、
それが今までで一番恐い思い出だし、
虎馬で山が恐くなった


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます