【怖い話 実話 不気味な話】祖父山登りをしていて首吊り死体を見つけてから 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】祖父山登りをしていて首吊り死体を見つけてから 短編

私の家族、親族は死体に遭遇する率が異様に高い。

そういう私も幼稚園の頃、祖父山登りをしていて首吊り死体を

見つけてからとういもの、25歳の今まで

20回くらい事故や自殺などの死体を見ました。

IMG_1906.jpg


そういう体質的なものはどうやら父方の家系に多いみたいです。
父の実家では昔から地元の神事に関わることが多く、家も鳥居の中にあって、家の裏に神社があり、
そこの管理をまかせられているので、よく神社の掃除をしたり、祝詞(?)の練習をさせられたのを覚えています。

それに比べて母方は霊感体質な人が多いので、私はきっと父方の家系に似ているんだと思います。

親類の中でも私の両親と父方の祖母はその体質が強く人の死期が漠然とわかる人なんですよね。

「あ、なんか急に○○さんが気になった」

「夢見が悪かったんだけど、○○さんが出てきてね・・・」

「神社で蝋燭つけてたら逆さまにロウが登って変な形になったんだけど、○○さん元気にしてるのかなぁ」

いつもそんな感じで、誰かの心配をしてたら・・・ってことが小さいころからよくありました。
病気とかじゃないんですよね。
心配する人とか気になる人はいつも元気な人。
だから余計に怖いんですよ。

この体験をしたのは2年くらい前だったと思います。
私の地元はかなり田舎で、実家は携帯の電波の届かないような場所にあり、コンビ二まで車で20分ほどかかります。
その日はハトコのKと私の家で遊んでいました。

深夜になりKがタバコがなくなったと言い出したので、めんどくさいと文句を言いつつ買いに行くことになりました。

家から10分くらい車を走らせたところでKが「いま煙草屋さんがあったよ。コンビニは遠いからそこで買おう」といいました。

その煙草屋さんは夕方から朝まで開いている煙草屋さん。
店主のおじさんの営業トークがとても長いので私は気乗りしなかったのですが、Kに押し切られる形でそのお店で買うことに。

「このタバコ新作ですよ」

「この煙管は管の部分が長くて・・・」

そんな話を15分くらい聞いてうんざりしはじめたころ、「あ・・・い・・・あつ・・・い・・・たすけて・・・たすけて・・・」というおばあさんの呻き声が店の奥から聞こえ始めました。

最初は心霊現象かと思ったのですが、霊感なんて全然ないと豪語するKにもそれは聞こえているらしく、しきりに店の奥に視線を泳がせていました。

営業トークにも呻き声から悲鳴に変わった声にも我慢できなくなった頃、意を決したKが「おばあさんの声しませんか?大丈夫なんですか?」と聞きました。
そしらた「え、なんのことですか?」といって笑った店主さんの顔が今でも忘れられません。

それから追い出されるように店を出てからの帰り道、虐待なのか、幽霊なのかさんざん論議したけど怖くてまたその店に行く勇気もなく警察に通報してもなんて説明したらいいかも分からず、家に帰って両親にその話を相談して寝ました。

それでそのまま次の日には忘れてたんですよ。
ですが、一週間程過ぎた頃、その家が火事になって店主さんとそのお母さんが焼死体で発見されたって聞きました。

どうやら自殺らしいです。
痴呆症の母親の介護と貧乏に疲れての。
目撃した人の話によると店主さんは火傷を負いつつも一度家の外に出てきたのに「お袋がまだ中に居るんだ」っていってまた火の中に飛び込んだらしいです。

私とKが聴いたのは虐待中の悲鳴だったのか、それとも幻聴だったのか・・・。
未だにそれは謎ですが、両親たちみたいに人の死期がわかる能力なんか欲しくないと思っていた私もきっと色濃く体質を受け継いでるんだなと思った体験でした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます