【超怖い話 実話】愛知のカレーチェーンでバイト 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】愛知のカレーチェーンでバイト 短編

愛知のカレーチェーンでバイトしてました。

その時、バイトしたいって男の子が来て、

採用が決まったようです。

私のバイト先は仲がよく、よく飲み会がありました。

IMG_3744.jpg


その採用の男の子も、それを聞いて早く仲間に入りたいと言ってました。

しかし、その男の子は採用後、働く事なく事故で亡くなりました。
その直後からですが、店の電気がよくショートし始めてました。

また、防犯カメラに人は写ってないのに、カツカツと排水の上の鉄板を歩く音が録音されたりするようになりました。

また、離れの休憩室を誰かが覗いたりするようになり、皆は「アイツが来たんじゃないか」と噂するようになりました。

それからは、男の子を見てしまった従業員がでてきて、毎日、夜中の2時くらいになると、厨房から彼が休憩室を覗きこむ姿が見られるようになりました。

もともと、以前から霊現象がある店でしたが、リアルに誰もが霊を見るようになったので、あるバイトさんが、ビデオや写真に彼を納めようと言いだしました。
そのバイトさんは自分が夜勤の時に録ると、息巻いてました。
しかし、霊感のありまくるパートさんが、「それは辞めた方がいい、彼は怒るだろうし、すでに彼はそのバイトさんに取り憑いている」と言い出しました。

しかし、バイトさんは、投稿すれば金になる、防犯カメラの足音と共にテレビ局に売るんだと聞きませんでした。
その後、バイトさんはカメラを設置して「彼を撮った!」と自慢気に言ってきました。
厨房から覗いている彼を撮ることに成功したようです。

しかし、後から分かったことですが、覗いていたのは彼ではなかったのです。
更にそのバイトさんは、ビデオを録った次の日から全く連絡が取れなくなり、行方不明になりました。

何か霊と関係あるのかどうか知りませんが、バイトさんは奈良県のダムに車ごと落ちて死んでいたのを発見されました。

私はビデオを見てませんが、ビデオで写った霊?はおっさんみたいな人にも見えて、おばあさんのようにも見えるものだったらしいです。
バイトさんはよく心霊スポットに行ったりと、オカルト系に興味があったようで、どこかで憑かれたのか・・・死んでしまった『彼』の影響なのかはわかりません。

厨房を歩き回ってたのが、死んだ男の子だと断定されているのは歩き方だそうです。
男の子はもともと、足が悪くて特徴的な歩き方だったらしいです。
採用した人が、防犯ビデオの音を聞いて確認しています。
あと、霊感のありまくるパートさんが亡くなったバイトさんに憑いているとした霊は男の子(彼)ではなかったと言っていました。

ビデオはあるはずです。
防犯カメラの足音は、確実に残ってます。
後、ほかにも自動ドアが夜中に勝手に開くのとかも防犯カメラによく写ります。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます