【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】檀家をしてる寺のぼうさんは、いわゆる見える人なんだが、短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】檀家をしてる寺のぼうさんは、いわゆる見える人なんだが、短編

ウチの実家が

檀家をしてる寺のぼうさんは、

いわゆる見える人なんだが、

俺が学生の時に帰省して会ったとき、

IMG_1537.jpg


「1,2…11人憑いてる。すごいな。きつくないか?」

と言うので、

「べつに」

と答えると、

「じゃあ特に祓う必要はなさそうだな」

と言って、
お経だけあげて帰っていった。

俺も特に変わったことはないし、

『憑いてるだけならいいや。
そのかわり悪さしたらすぐ追っ払うからな』

などと気楽に考えつつ、
東京に帰った。

その頃は心霊スポットめぐりとかしてたから、
いろんな所で拾ってきたんだろう。

その年、
俺は高速で玉突き事故に巻き込まれ、
シートとドアの間にはさまって?意識不明の重態に陥った。

昏睡中、自分が病室にいて、
たくさんの人に囲まれて座っている夢を見た。

まわりの人達は、
みんな粘土細工を伸ばしたみたいに顔がひしゃげていたんだが、
「?」と思っているうちに、
一人また一人と悲しそうにドアから出ていった。

その後なんとか回復し、
リハビリも上手くいき、
障害を負うことなく退院できたんだが、
坊さんいわく、11人は成仏してしまったらしい。

「よっぽどお前の居心地がよかったんだろ」

と笑っていた。

また何人か憑いてるらしいんだけど…


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます