【怖い話 実話 本当にあった怖い話】確か小学5年生の頃だと思います 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】確か小学5年生の頃だと思います 短編

僕は小学生の頃、

ものすごい怖い思いをしました。

ていうか、今でも・・・

確か小学5年生の頃だと思いますが、

IMG_1689.jpg


休み時間に図工室に移動して
先生が来るまで皆と喋りながら待っていたんですが、
クラスのワルグループのリーダー的な存在の奴が、

「なんだよこれ」

と言いながら何かを持っていました。

それは手の形をし、
赤く塗られた焼き物でした。

そいつは

「きもちわりー」

などと言って
それをみんなに見せて遊んでいました。

ですが、ふいにそれを落としてしまい、
手の形をした焼き物は欠けてしまいました。

そのままそいつは
元の場所にその焼き物を戻しました。

僕達は

「また悪さやってるよ」

と呆れ顔でした。

それから一週間もたたない間に、
その焼き物を割った奴は
交通事故に遭って足を骨折して
入院してしまいました。

ひどい話ですがそのころの僕達は
そいつが休んだことで
とても喜んでしまいました。

そして僕は図工室に筆箱を忘れて
放課後に取りに行くと、
先生があの焼き物を直していました。

僕は先生に

「その焼き物壊したの〇〇だよ」

と言いました。

すると先生は
すごく驚いた顔をしていました。

僕は訳が分からず

「どうしたの?」

と言うと先生は
この焼き物について話してくれました。

訳あってその内容は言えませんが、
その手の焼き物について話してくれた先生が
翌日に自殺しました。

目撃者によると踏み切りを歩いていて
急に途中で立ち止まり、
そのまま轢かれてしまったそうです。

それから僕たちが卒業するまで
その小学校ではいろいろ嫌なことがあったんですが、
僕たちの遠足などで撮った写真にあるものが
よく写りこむのです。

そう、あの赤い手が・・・

僕はきっとこの赤い手が先生の足を掴み、
殺したのはないか・・・と今では思います。。。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます