FC2ブログ

【怖い話 実話 不気味な話】ニヤニヤ笑ってるよ!!短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】ニヤニヤ笑ってるよ!!短編

これは学生の頃のバイト先の先輩(♀)の実話である。

彼女の友人には、当時4歳になる娘がいたのだが、

モノ心つき始めた

頃から妙な事を言い始めたという。

IMG_2153.jpg


どうやら、娘には、普通の人にはみえない『誰か』が見えるらしい...。
ある日を境に、娘は台所(キッチン)へ行きたがらなくなった。
その家はキッチンが家の一番奥にある構造をしているので、別にキッチンを通らないとどこかの部屋
に行けない訳ではないのだが、あまりに娘のキッチンへの拒否の仕方が尋常ではないので、ある日、娘に問いただしてみた。

母「ねぇ、どうしてキッチンに入るのがそんなにイヤなの?お母さん、冷蔵庫からとって来てほしいモノがあるんだけど・・・。」

娘「イヤ!絶対いやだ!!」

母「どうして?いっつもそうやって、あの部屋だけはなんでなの?」

娘「...。」

母「お父さん、なんとか言ってよ。こんなことずっと言い続けられちゃぁ・・・」

父「どうした?ワケがあるなら言ってみなさい。お父さんが聞いてあげるから。」

しぶしぶと、娘はこんなことを語り始めた。

娘「あの部屋にね、誰かいるの。知らないおじさんが」

両親「知らないおじさん?」

一瞬あっけにとられ顔を観合わせた両親であったが、きっと何か怖い夢でも見て、現実と夢がごちゃ混ぜになって思い込んでるに違いない、と父は続けた。

父「どこにいるの?そのおじさん。どんなひと?」

娘「部屋の奥の、冷蔵庫のすみにうずくまってるの。顔伏せて。痩せてて、青白くって、嫌なおじさん・・・」

両親「・・・」

そこで両親はある策を講じた。

父「じゃぁ、いいかい。お父さんが、そのおじさんをおっぱらってやるから。すぐにいなくなるよ。」

娘「でも・・・絶対いかないよ、あのおじさん・・・」

父「おとうさんがね、この金属バットで追い払うから。」

娘「・・・ムリだよぉ・・・」

両親は、怯える娘を連れて、奥のキッチンへと進んだ。
キッチンの手前で、娘は立ちすくみ、母の手をにぎりしめたまま離そうとしない。
キッチンを覗くことすら嫌がる娘を、両親は強引に引っ張りこんだ。

父「さてと。どこにいるって?そのおじさん。」

娘「冷蔵庫のすみ・・・。うずくまってるの。いるでしょ?顔伏せてるひと。」

父「んん・・・このへんかなぁ?」

と父は、半分冗談まじりに、見えもしない『おじさん』に向かって、金属バットを2~3度振り下ろした。

まるで、そこに『おじさん』でもいて、殴りかかるかのように・・・。

父「えいえい。あっちへ行け!どうだまいったか、あっちへ行っちゃえ!」

そして父は、娘にキッチンへ入るよう、うながした。

父「ほら、いっちゃったよ、おじさん。もういないだろ?だからキッチンに入ってきなさい。」

そして、娘さんは恐る恐る、キッチンのなかを覗きこんだ。

次の瞬間、娘が叫んだ。

「お父さん、おじさんまだ冷蔵庫のすみっこで、座ったままこっちに顔上げて、ニヤニヤ笑ってるよ!!」

娘さんはその後、中学生になると『見える力』もなくなってしまったらしいですが、気配を感じることは出来るようで、何かを感じるともの凄い鳥肌を立てるとのことです。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます