【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】俺の夢には出てきてくれない 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】俺の夢には出てきてくれない 短編

母が2月に亡くなったんだよね。

でもなかなか俺の夢には出てきてくれないんだ。

こんなにあいたいのに・・・

母が病気になってさ、

IMG_2035.jpg


本当は近くにいてやらないといけないのに、
自分で希望だして海外(日本の近くね)に転勤しちゃったりして、
本当に申し訳ないと思ってる。

でもね、亡くなる前はさ、
体調が悪い時期でも、
俺が実家に帰るときはいつも元気なってた。

元気に振る舞おうとかそういうのじゃなくて。

ほんとに体調がよくなってた。

亡くなる直前にもさ、
危ないかも知れないから
いそいで帰ってこいって家族に言われて、
実家帰ったらうそのように元気になっちゃって。

だから、俺大丈夫だと思って
2日だけいて戻ったんだ。

最後も笑って、握手して、
頑張るよって言ってくれて・・・

そしたら翌日の午前、
実家から職場に電話が入った。

『もうだめかも・・・』

って。

でも、その日は忙しくてね、
翌日の飛行機で帰ろうと思って、
予約いれようと電話したら満席(一日1便のみ)。

当日の2時間後の便ならとれるってことになって、
時間ぎりぎり、無理矢理それに乗って帰ることができた。

もちろん機上では、
俺が帰れば元気になる!と思い続けていたよ。

でもダメだった。

最後の時の母の目は一生忘れない・・・

話せなくなっても、
じっと俺たちを見つめてたあの瞳・・・

海外にいて、
母の死に目にあうことができたのは、
母が待っていてくれたんだと思う。

いつもみたいに元気になれなかったかわりに。

その後、だいぶ落ち着いたよ。

でもさ、最初にも書いたように、
俺の夢には出てきてくれないんだよね。

妹の夢には毎日のようにでてくるのに・・・

そんなある日、
妹から電話があったんだ。

『すごいよ・・・』

って。

ここんとこ夢にまつわる不思議なことが続いてる、
と言う話だった。

ある夢では、
ピアノのある部屋で母親と妹が2人いる場面で、
母が無言でピアノを指さすんだって。

朝起きてピアノを見ると、
ほこりがたっぷりたまっていた。

「ちゃんと掃除しなさいってことなんだろね」

と2人で笑った。

また、月命日で妹が写真の前にご飯を供えて眠ったら、
夢で母と妹とばあちゃん(すでに他界)が台所でご飯作ってる場面がでてきて、
母が妹に「箸とって」ってぼそっと言ったんだって。

起きてすぐご飯の前に箸を供えたらしい。

「よっぽど食べたかったんだろうな」

って2人で笑った。

一番最近見た夢は、
母と俺と妹と3人で納戸の中を掃除している場面で、
母が俺に「白いタンスを拭いて」って言ったんだけど、
俺は「イヤ」と拒否したんで、
妹が「○○じゃあ、あんたが拭いて」と言われて
白タンスを拭いたっていう夢。

翌日、妹はどうしても納戸の白いタンスが気になったんだって。
納戸に入って白いタンスを下から開けて中を調べてみたら、
その中から父と俺と妹、
そして俺の妻にあてた遺書がでてきたんだって。

「遺書があることを伝えたかったんだね」

って2人で泣いた。

遺書は電話越しに妹に読んでもらった。

涙が止まらなかった。

そのものはまだ見てない。

郵便事情あんまりよくないからね、この国。

無くなりでもしたら大変だ。

8月は初盆で実家に帰る。

楽しみだ。

母の遺書、そして家族、
盆で帰ってくる母にあえるんだから。



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます