【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】万年係長の俺は昇進を諦め、長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】万年係長の俺は昇進を諦め、長編

万年係長の俺は昇進を諦め、

勤務する金メッキ工場から金を盗んだ。

しかし、工場から一歩出たとこで、

呑み好きな部長に捕まり

IMG_1437.jpg


彼の自宅に強引に連れて行かれた。





部長宅につくと、まず庭に通されて井戸の自慢をされた。


「この井戸は江戸時代からのもんだぞ」


部長の自慢は延々と続くが、金を隠し持っていた俺は気が気ではない。


焦っていた俺に、部長はいきなりこう言った。


「私は来月から専務になるんだ。

君も私の推薦で課長を飛び越えて
部長だから、頑張ってくれよ。

辞令は明日の全体朝礼で発表する」


な、なんていう事だ!私はとんでもないことをやってしまった!


盗んだ金はおよそ200万程度。


部長昇進に見合わない。


もし今暴露ると昇進どころか、逮捕されてしまう。


俺は盗んだ金を部長の目を盗んで井戸の中に捨てた。


そして、その日は適当に言い訳を言い繕い、



そそくさと帰宅し



一人祝杯をあげた。





翌朝、全体朝礼で自分の名前が呼ばれる瞬間を心待ちにし出社した。


何か様子が変だ。


何と部長の家族全員が毒殺されたというではないか!


俺は目の前が暗くなっていった。





【解説】





金メッキの素材のなる材料は「シアン化金カリウム」であり、

シアン化金カリウム」は"シアン化カリウム"から作られている。



"シアン化カリウム"は青酸カリウムのこと。



部長の家は

『部長宅につくと、まず庭に通されて井戸の自慢をされた』

とあることから、

おそらく今も井戸の水を使って生活していたのだろう。



そこに盗んだ金を放り込まれたことにより、

青酸カリが溶け、

部長の家族全員はその水を飲んだことにより死んでしまった。





部長が死んでしまった原因も調べられ、

語り手が犯したことだとおそらくばれるだろうから、

部長昇進うんぬん以前に

語り手はお先真っ暗であろう。



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます