FC2ブログ

【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】訳あり物件でも何でも構わない 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】訳あり物件でも何でも構わない 長編

客「一番安い部屋を借りたいんだ。

訳あり物件でも何でも構わないから。」

係「それでしたら、5部屋全部が

空いているお勧めの中古住宅があります。

IMG_3490.jpg


超格安で家賃○千円ですよ。」


客「そんなに安いの?で、どんなの?」
係「まず、1号室ですが、

丁度一週間前に住人が血まみれの遺体で発見されまして…。」


客「おいおい、いきなり強烈だなぁ。さすがにそれはキツイよ。2号室は?」
係「2号室は、天井に大きな穴が開いてまして、それに…。」


客「なにそれ。酷すぎるなぁ…。3号室は?」
係「3号室も、2号室と同じで天井に大きな穴が開いてまして…。」


客「うわっ。じゃあ、4号室は…って、4って数字は使わないか。」
係「いえ、4号室もあります。4号室は…。」


客「いや、4は嫌だよ。もういいよ。他の不動産屋に行くよ。

ん…、まっ、一応聞いとくけど、最後の5号室は?」
係「5号室は普通の部屋です。たまに床が抜けるくらいです。」


客「えっ?死体が見つかるとか、天井に穴とか、

幽霊とか、ポルターガイストとか…。」
係「いえっ、そういうものは一切ありません。」


客「なんだぁ。じゃあ、そこを借りるよ。空き部屋なんでしょ?」
係「ええ、丁度一週間前に空きました。」





【解説】





一般的に横並びの部屋を連想するが、

こちらの訳あり物件は縦並び、

つまり階数によって部屋番号が割り振られている。



つまり、5階にある5号室の床が抜け、

4、3、2号室(階)を突き抜けて、

1号室(階)まで転落死したため、

1号室で血まみれの遺体が発見された。



そのため、5部屋全てが空いている。





それにしても、

『床がたまに抜けるくらいです』

というのは普通の部屋なのだろうか…?



しかも、5階。



5階で床なんて抜けたらたまったもんじゃないのだが…。



客は1~4号室の話を聞いて、

感覚が麻痺している…?



とりあえず、部屋を借りるのであれば、

下見くらいはちゃんと行きましょう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます