【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】家族で3泊4日の旅行 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】家族で3泊4日の旅行 短編

小学校のときに家族で3泊4日の旅行に行った。

その旅館は部屋(2階だったと思う)と、

1階のロビーを繋ぐエレベーターが1箇所(2つ)あって、

滞在中ずっとそこを利用していた。

IMG_1861.jpg


だから旅館から外出する時は
部屋→ロビーの繰り返し。

異変が起きたのは帰る時。

部屋で荷物の整理をしていた親が、
先にロビーで待ってなさいと言ったので、
俺と弟はエレベーターに乗ってロビーに向かった。

1階について、エレベーターが開いた。

本来なら赤い絨毯が敷かれて
女将さんがたくさん居る筈のそこは、
薄暗い倉庫みたいな場所へと出た。

倉庫と思ったのは、
すぐ右手の位置に
ビール瓶のようなものが詰まれていたから。

・・・・・の割には正面が和室みたいで、
大きな松の木と掛け軸があった。

あれ?と思って弟と顔を見合わせて、
取り合えずエレベーターから降りようとした時、
そこに人影が見えた。

たぶん老婆みたいな感じの影だったと思う。

正座して俺たちに背を向けていたその影は、
徐々にクビだけこちらの方に向いてきた。

(分かるかな?
後ろ向きで正座してる人のクビだけ振り向いてくる感じ)

俺と弟はその瞬間から
閉まるボタンを無我夢中で連打した。

なんとか2階に戻った俺たちは、
ちょうど荷物を纏めて部屋から出てきた両親と会った。

もう一度エレベーターに乗るのは嫌だったが、
両親も居たし恐る恐る乗った。

案の定そこはにぎやかなロビー。

結局俺たちが見た部屋は何だったのか分からない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます