【怖い話 実話 本当にあった怖い話】叫び声をあげている自分に気がついた。長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】叫び声をあげている自分に気がついた。長編

ひとりで青森へ出張に行ったときのことだ。出張先は

青森市郊外のさびれた一角にある小さな家電販売店で、

夜、打合せが終わったあと、店のオヤジと、

近所のうらぶれた居酒屋で飲んで別れた。

IMG_1530.jpg


かなり寒い夜で、俺は震えながら
市内のビジネスホテルにむかって、
さびれた街路を歩いていた。

上を自動車道路が走っているうす暗い高架下を歩いていたとき、
むこうから俺と同じような、くすんだコートを着た瘠せた男が、
酔っているらしく、よろけるように歩いてくるのが見えた。

男は、うす暗いなか、
俺の顔をじっと見ているようだ。

俺もその顔に見おぼえがある気がして、

「N、か?」

と、名を呼んでみた。

Nは中学時代クラスにいた、
ワルの使いっ走りのような奴だった。

万引きで警察に補導されたり、
教室での窃盗がバレて
担任に張り飛ばされたりしていた。

彼はうなずき、

「○○?」

と俺の名を言った。

何年かまえに地元の知人から、
Nは中学を卒業してすぐ家出をくりかえし、
現在は行方不明であると聞いていた。

「いま何してるんだ?」

俺はきいたが、Nはそれには答えず、

「気分がわるい」

とつぶやき、
いきなりうずくまって吐いた。

俺はあわててNの背をさすり、
どうしたものかと戸惑っていた。

Nは立ちあがると、
たまたま通りかかったタクシーを停めて乗り込み、

「近いうちに□□に戻るので、そのときに連絡する」

と言って、そのまま走り去ってしまった。

その半年ほどたって、
地元の中学時代の知人と再会したときに、
Nの話が出た。

知人は、Nが札幌でキャバクラのボーイをしていて、
2年前に心臓麻痺で死んだ、と言った

俺は、半年前にNと会ったことを話し、
その話自体が間違いであるか、
死んだのは最近なのではないか、と告げた。

知人は、2年前の当時に、
直接Nの親族から死亡の話を聞いたと言う。

何とも言いいがたい気分で、俺は知人と別れた。

それから2週間ほどした夜中に、
俺は電話で起こされた。

俺はひとり暮らしで、
受話器はベッドから手を伸ばせばとどく位置にある。

闇のなか手さぐりで受話器をとると、
混線しているのか、ひどい雑音のむこうから、
途切れ途切れにNの声が聞こえてきた。

いま、□□に着いた、と言っているらしい。

俺は

「よく聞こえない。車できたのか?」

と聞くと、
やはりひどい雑音のむこうから、
途切れ途切れの声で、
いま、□□に着いた、と繰り返した。

「よく聞こえない。□□のどこに着いたんだ?」

と再度聞くと、
Nの声はそこで途絶えた。

いく度か

「もしもし」

と呼んだが、
あとはただ雑音が続くだけだった。

不安な気分で受話器を手さぐりで戻し、
闇のなかで寝返りをうった。

見上げると、ベッドの脇にNが立ち、
青ざめた顔で俺を見下ろしていた。

俺は声を出そうとしたが、
舌がひきつって動かなかった。

足元から全身に、
何かがのしかかるような重みがかかり、
身動きができなくなっていた。

激しい恐怖感におそわれて、
全身から汗がザアッと出た。

パニックのなか、もがこうとしているうちに、
叫び声をあげている自分に気がついた。

Nの姿はなく、体が動くようになっていた。

俺は部屋の電気をつけ、
それからTVをつけて
深夜番組のボリュームを上げた。

番組の内容などどうでも良かった。

何でもいいから明るい世間の気配と
つながっていたかった。

明け方、空が白みはじめて、
ようやく少し落ち着いた。

Nの死亡については、
今日まで確認していないし、するつもりもない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます