【怖い話 実話 本当にあった怖い話】6才のときに家にきたメス犬。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】6才のときに家にきたメス犬。短編

チコ。俺が6才のときに家にきたメス犬。

まだふわふわで毛むくじゃらの、

ちっちゃいやつ。

子供のころ、ずっと一緒だった。

IMG_2366.jpg


良くおまえをからかって遊んだけれど、
おまえは俺をかるく噛むだけで、
本気で怒ったりなどしなかった。

人間の1年は犬の6~7年で、
避妊手術してたおまえに子供はできなかった。

俺が中学にあがるころ、
おまえは俺のおふくろと同い年くらい。

ワルぶって喧嘩にあけくれ、
いいトシして犬なんかと遊んでいられるかと、
見向きもしない俺に
おまえはちょっと寂しそうだった。

俺が高校を卒業するころは、
おまえはもうおばあちゃんで、
名前を呼んでも尻尾を少しふって、
悲しそうに俺を見つめてた。

チコ。おまえが死んだとき、

男が涙ボロボロなんてみっともなくて、
俺は洗面所で顔をばしゃばしゃ洗い、
動かなくなったおまえを庭のすみに埋めた。

それから何年かたって、俺にも女房と娘ができ、
家にささやかな笑いがあって、
それから女房だけが出て行った。

チコ。夜中に目をさますと、
俺のとなりで娘が小さな寝息をたてているが、
そのむこうに、うずくまって娘をみつめるおまえがいる。

女房は戻ってこないけれど、
俺と娘とおまえ、同じ布団のなかで、
いっしょに川の字になって寝ている。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます