【怖い話 実話 一番怖い話】自らの意志で人が多く訪れる場所に沈んでいる 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】自らの意志で人が多く訪れる場所に沈んでいる 短編

某海岸での話。

そこは正規の海水浴場ではないが穏やかな海で、

光の加減で海が青や深い緑に見える

海食洞もあって海遊びをする人が多い。

IMG_2130.jpg


緑に囲まれてレジャーにもって来いの場所だが、気味の悪いことに海食洞の付近には犬や猫の獣骨が沢山沈んでいる。
獣骨は神秘的な海の色と相まって海底を不気味な世界に変貌させている。

この骨の由来について、虐待して捨てているとか、飲食店の秘密食材として使用された残骸だとか噂されていたが真相は違っていた。

・・・ある日、その海岸に遊びに来ていた若者グループが波間を漂う段ボール箱を発見する。
箱はきれいに口が閉じられており、中には何が入っているのか?という好奇心に駆られて岸に持ち帰って中身を確認することにした。

入っていたのは子猫遺体で、子猫の周りには花と生前使用していたであろう玩具が添えられていた。
そして、遺体の脇に1枚の紙を発見する。
罪悪感に駆られながらも読んでみると、飼い主家族から子猫に宛てたお別れの手紙であった。

箱は川から流れついたものらしく、海食洞の付近には夏になると灯篭流しの御供え物のオレンジなどが吹き溜まっており、地形や海流の影響で川からの漂流物が流れ着く場所になっている。

海中に沈んでいる犬猫の骨は供養目的で川の上流から流されたもので、多くはペット霊園からの漂着物であった。

遠く大海原を旅するはずであったペットの遺骸は、河口の近辺で沈むことがあるらしい。

霊感のある方の話では、ペットは自らの意志で人が多く訪れる場所に沈んでいると言う。
人が恋しいとのことだ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます