【怖い話 実話 一番怖い話】自分的に不思議だった体験をひとつ。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】自分的に不思議だった体験をひとつ。短編

自分的に不思議だった体験をひとつ。

うちの近所におばあさんが住んでた。

そのおばあさんはうちんちのばあちゃんと仲良しで、

うちにお茶飲みに来たり行ったりしてた。

IMG_1719.jpg


もちろんうちの家族ぐるみでそのおばあさんと仲良くて、よく一人暮らしおばあさんのとこへ煮物持っていってたりしてた。
ちなみにそのおばあさんとは親戚とかではない。

わたしが小学4年生くらいのとき、そのおばあさんが病気で入院したらしい。
らしいというのも私はあとで知らされた。

しばらくして、寝付けない日が続いたんだよ。
小学生だったから9時くらいには寝てたんだが12時まわっても眠くない。
眠くないってか突然『死ぬこと』が怖くなって10日くらい寝つけなかった。

寝付けないことが何日か続いたある日のこと、私が学校から帰るとおかんとばあちゃんが泣いてた。
わけもわからなかったが、ばあちゃんが泣きながら、あのおばあさんか亡くなったことを教えてくれた。

その日から死ぬことは怖くなくなり、ぐっすり寝れるようになった・・・。

なんかまとまりないし、オチなくてすまん。
だけど今考えてもすごく不思議な体験だったんだよなぁ・・・。

余談だが、うちの実家は一軒家で二階を一部屋増築してるんだが、その部屋が不思議な部屋で、おかんが言うには、昔おかんのばあちゃん(私の曾祖母さん)が出てきたりしたらしい。
私が当時寝ていたのもその部屋だった。
ちなみに他の部屋ではなんにも怪しいことはない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます