【怖い話 実話 一番怖い話】雑居ビル屋上のプレハブ 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】雑居ビル屋上のプレハブ 短編

10年くらい前の話だけど・・・。

大学4年間、親戚の不動産屋の紹介で、繁華街の雑居ビル屋上の

プレハブに住んでいた。

プレハブなので冬寒く夏暑かったが、約18畳部屋でシャワー付、

IMG_1945.jpg


駅徒歩6分で月3万円。
だが、変なモノを月に一度か二度見るのに困った。

屋上の3分の1ぐらいがプレハブを占めていて、あとは給水タンクと庭みたいになってるのだが、その庭みたいな空間に、夜中の2-3時になると、変なものがユラユラ踊っている。
西洋の幽霊みたいな、ぼんやり光る白いシーツをかぶった人型のモノが、フワフワするんだ。

初めて見たのは、引っ越してから2週間ぐらいした夜のこと。
非常階段から不審者が忍び込んだのかとバットを持って「こら!」と声をかけたが、そいつはこっちを振り向くと、じわーっと消えていって終わり。
それで、この世のものじゃないとわかって、やっとビビったぐらい。

うちに泊まって見た友人も2人いる。
1人は、夜中にトイレに起きた時に見て、「どちらさん?」と声をかけたら消えた、と。

もう1人は、これが見たくて何度か遊びに来てて、4度めに見た。
声をかけずに見てたら、ずーっと周ってて、友人がタバコに火を付けた瞬間に消えた。

ちっとも怖くはないんだけど、気持ち良いものじゃないんで、屋上に粗塩ぶちまけてみたり、日本酒ぶちまけてみたり、色々したけれど効果なし。

親戚の不動産屋に話してみたら、「だから、安いんだよ。でも、害はないだろ?」でおわり。
そのうち、出てくる周期が、満月か新月の日だとわかったんで、その日は早寝してた。

飲み屋で知り合った霊感の強いオッサンに相談してみたら、「それがいるから、他のが来ない。ぐるぐるしてるだけで害がないなら放っておけ」と・・・。

実際、そのプレハブに住んでた4年間は、年に数回あった金縛りが一度もなかった。
・・・と、まあ、驚くぐらいに怖くなくて、不思議っていうか奇妙っていうか、わけわかんない経験談です。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます