【超怖い話 実話】「なんで来た~なんで来た~」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】「なんで来た~なんで来た~」短編

洒落にならないくらいかどうかわからんけど

書いていいなら投下する

まず、前置きがあって、俺の母方の先祖は

何かしらんけど、えらい坊さんだったらしい。

IMG_2593.jpg


で、何かどえらい化け猫を退治したとき七代先まで祟るっていう呪い掛けられたらしい。
ちなみに俺で6代目・・・。

そんなんで、祟りから逃れるためにお守りを子供に持たせるんだが、俺の爺ちゃんが昔鍛冶屋やってたんだが初の女孫で、張り切って守り刀を作ってくれたらしい。
と言っても、人形に持たせるような小さいやつ・・・。
爺ちゃんは俺を凄く大事にしてくれたんだが、方向がちょっとアレだった。

雛人形の時期に、菖蒲様(あやめさま)の人形を送ってくれたり、守り刀って言うよりナイフに近いのも送ってきた。
実際、ペーパーナイフとして活躍中のそのナイフだが、先祖が合戦に行って生きて帰ってきた時の刀を使ったらしい。
で、なんか凄いの憑いてるみたい・・・。

もともと、霊はしょっちゅう見るんだけど、守り刀持ってると何故か出てこない。
京都に修学旅行に行ったとき、神社見学してたら、宮司さんに、「凄いのに守られてますねwww」と、なんだかよくわからない事を言われた。

まぁこれが前置き・・・。

で、何年か前に友達と四人で飲んでいたんだ。(N男、T男、A子、俺)
N男が「本当にあった呪いのビデオでも見ねぇ?」と言い出した。
だが、時間が時間・・・。
田舎のTUTAYAは22時で閉まってた。
時刻は午前0時半ぐらいなのでビデオを借りにも行けずにいたらT男が突然「ここいらに心霊スポットあったよな?そこに行こうぜ!」と言い始めた。

昔から、そこそこ見たりしてた俺は「行くなら行くけど?」状態。
しかし、A子は非常に怖がりであまり乗り気ではなかった。

T男とN男は高校時代に格闘技をやっていて片方は国体出場経験があったから、そっち系じゃないいわゆるDQNが出てもまぁ大丈夫だろうと思っていたし、守り刀をカバンに入れていたのもあって大丈夫だろうと思っていた。
雰囲気的に行く感じのようだしA子を説得して4人でレッツゴーした。

で、地元では有名な心霊スポットは元々はホテルで特段いわくがついていたわけでもないが、火事になり焼け落ちたため使用されなくなってしまい廃墟になっていた。
なぜか心霊スポットとして異様に有名になっていたよくわからないところだった。

で、4人で廃墟探索してたんだが、期待していたような心霊現象は特に何もなく、A子が涙目になっただけで探索終了。
良い肝試しだっただけだった。

もともといわくつきなわけではないし、最初から出ないだろうとは思っていたが拍子抜けしてしまい、その後無事に部屋まで帰ってきた。

しかし、その後に事が起きた・・・。
部屋に着き、みんなで寝始めたが、『コンコン』という音で目が覚めた。
どうやら、窓に何かが当たっているらしい。
カーテン閉まってるし、虫だろうと思って寝直そうと思ったら、突然、T男がしきりに「来るな!来るな!」と言い始めた。

T男を見ると寝ている様子、さては予想外にビビリだったのか?と思っていたら、A子もなんかつぶやき始めた。

A子:「ごめんなさい、ごめんなさい」

何かに謝っている様子だった。
まさかと思いN男を見ると普通に寝てる。

A子とT男になんか憑いてきたのか?と思い始めたら、窓が強く『ドンドン!』と叩かれた。

一人だけ起きているとなんかちょっと怖くなってきたのでN男を起こすことにした。
しかし、ゆすってもビンタしても一向に起きない・・・。
窓がまた『ドンドン!』と叩かれる。
何か窓ガラス割られたら面倒だと思い、思い切ってカーテン開けるとおっさんが外にいる・・・。
しかも、カーテン開けた時に微妙にびっくりした様子で2秒ぐらい二人で見つめ合ってしまった。

おっさんにとりあえず、「窓壊れるから叩かないで下さい。あと寝てるんで帰って下さい」って言ったら、神妙な顔をして消えていった。

と、その時N男が「危なぁぁぁぁいい!」って俺にタックルしてきた。
何事かと聞いたら、「窓の外におっさんがいて、お前が窓開けておっさんを部屋に入れようとしているように見えた」とのこと。

いやいや、追い払ったの俺だし・・・。

で、翌朝T男とA子が顔面蒼白にして「お祓いに行こう!あそこマジヤバイとこだって!」というので、近くの神社へお祓いに行くと神主さんが、あの例の紙のついたシャンシャンなる棒で頭のあたりワサワサして、お経?ていうのか?わけわからんこと言ってお祓い終了。

で、帰る間際に神主さんが言うには別に何も取り憑いているわけじゃなかったらしい。
俺の守り刀のことを話してみたら、ちょっとした神様クラスの力があって、悪霊は近寄れなかったんだろうってことと、夜のおっさんは廃墟に棲みついた奴で、悪霊ではないけれど、強すぎる力に場を乱されたので「来ないで下さい」って言いに来たと言ってた。
あと、あなたは呪いを受けているけどココでは解除できないこと等を言われた。

ちなみに、T男とA子は夜のおっさんに「なんで来た~なんで来た~」と追い掛け回される夢をみたらしい。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

No title

嘘臭

2017-11-15 02:18 from -

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます