【超怖い話 実話】「何か悪い物食べたかなぁ・・・」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】「何か悪い物食べたかなぁ・・・」短編

うちの母のこと。

うちの母は私が子供の頃、薬を嫌がって飲まないからって、

ジュースにこっそり混ぜたり、

食べ物に混ぜたりして私に内緒で飲ませてた。

IMG_1669.jpg


だからかなんだか知らないけど去年の朝、駅のベンチで電車待ってたら異常な眠気に襲われていつの間にか爆睡してしまった。

私が爆睡してる間、周りは「ホームに意識不明の女性がいる」と大騒ぎになって、私は救急車で病院に運ばれてて病院で目が覚めた。
検査の結果特に異常がなかったので、念のため1泊しただけで帰されたんだけど、家に帰ったら母が「効きすぎちゃってゴメン」と言う。

母は私が「最近よく眠れない」と言っていたのを聞いて食事中に飲む麦茶によかれと思って睡眠剤を混ぜたらしい。
が、どういうわけか効いたのがだいぶ時間が経った朝だった。

私:「なんでそんなことするの!」

母:「だって眠れないって言ってたから・・・」

それからついこの前の話。
夜から次の日の昼までずーーーっと腹痛と下痢でトイレ何回も行った。

私:「何か悪い物食べたかなぁ・・・」

母:「出てよかったじゃない?最近あんたお通じないって言ってたから♪」

まさかと思って聞いたら前の日の夜、私がトイレ行ってる間に私の飲みかけのジュースに下剤を入れておいたと言う。

なんでそんなことするんだよ!!!
毒薬入れられても気づかないね。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます