【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】実家はお寺 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】実家はお寺 短編

子供の頃に書道教室の先生から聞いた

話を投下してみます。

先生の実家はお寺だったそうで、

この話は先生が子供の頃の真夜中の出来事です。

IMG_1818.jpg


布団の中で不意に目が覚めてしまった先生は、
玄関の戸がガラガラガラっと開く音を聞きました。

『こんな夜中に誰が?』

と不審に思っていると、
何者かが廊下をゆっくり歩いて来る音が聞こえます。

『あれ?誰か出かけていたのかなぁ?お父さんかな?』

等と、あまり気にせず寝ようとしていると、
先生の部屋の前でその足音が止まりました。

『ん?』

と襖に意識を向けていると、
襖の向こうから、

「こんな時間に失礼いたします。
私は××町の○○△子と申します。
突然ではございますが、明日、私の通夜をお願いいたします。
息子達の負担になるのも心苦しいので、戒名は普通のもので・・・」

と、話してきたので、

「お父さんの部屋は、斜め奥の部屋です!
戒名の値段については、私は解りません!」

と、うっかりな幽霊に教えてあげたそうです。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます