【怖い話 実話 ほんのりと怖い話】瞬間移動したとしか思えない。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほんのりと怖い話】瞬間移動したとしか思えない。 短編

中学生の時に宿題に飽きて、

黄色いプラスチックのシャーペンをえいっと

自分の背後に放り投げてみた。

そしてすぐ振り向いて拾おうとしたら無い。

IMG_2118.jpg


どうしても無い。


次の日学校に行くと、
友達が同じシャーペンを使ってた。

私のにはちょっとした欠けがあったので、
ちょっと見せてと言って見せてもらったら、
同じところが欠けていた。

「これ買ったの?」

と聞いたら、

「全然、知らないんだけど昨日部屋に転がってたの、ラッキ~」

と。

瞬間移動したとしか思えない。

誰も信じてくれなさそうなので
誰にも話さなかった不思議な思い出。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます