[超怖い話 実話] だるまさんがころんだ 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] だるまさんがころんだ 短編

超怖い話 実話 短編


8月の夏休みの日でした。

母方の親戚達と、バーベキューをしに地元の川へ行った時でした。

親戚の家族と子供達、皆でバーベキューをしてから、川遊びをしたりして楽しんでました。

大人も一緒に交えて、だつまさんがころんだ を久しぶりにやろうと言う事になって

子供も大人も一緒にやる事になって。

私がじゃんけんに負けて、鬼をやったのですが・・・


IMG_2045.jpg

『 だるまさんが ころんだ ! 』


後ろを振り向いた時でした。

” 見た事もない、知らない子供が一人・・・・”


麦わら帽子を被って、真っ青な顔の男の子・・・


こんな子いたかな?

驚いてみていると、親戚の一番小さな女の子( 小学生 1年生 )

その男の子に気づいたのか、今にも泣き出しそうな顔で見ていました。

でも、大人は気づいていなく・・・

「 何やってんだ? 」

って・・・


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.05|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます