【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】赤いマジック 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】赤いマジック 長編

男女4人が地元の廃ビルに

肝試しに行くことになりました。

ですがその廃ビルは幽霊が出る、

等の噂はありませんでした。

IMG_1865.jpg


4人の内1人が内緒で肝試しを盛り上げる為に、
日中に廃ビルに忍び込み
怖がらせる為の準備をしました。

内容は


廃ビルに入り最初の部屋の壁に赤いマジックで

「私は左の部屋にいます」

と書き、
左の部屋には

「私は奥の部屋にいます」

と書きます。

奥の部屋に行くにはT字路を通りますが、
そのT字路の突き当たりの壁に

「私の頭は左の部屋に、体は右の部屋にあります」

と書き
左の部屋の壁には

「頭はあなたの下に埋まっています、
体は今こちらに向かっています」

と書いて、右の部屋には
上記と逆の意味の言葉を書きました。


その日の夜、
予定通り4人が集まり
廃ビルの中に入りました。

最初の部屋に入り、
仕掛け人は誰が文字を見つけるか様子を伺っていると、
3人共気付かずに別の部屋に進もうとしたので、
慌てて壁を指差しながら

「何か文字が書いてあるぞ」

と皆を呼び止めました。

皆が文字を見て、

どうする、どうする

と言いながら騒いでいました。

すると仕掛け人が、
せっかく肝試しに来たんだから
左の部屋に行こうと言いながら
左の部屋に入りました。

皆少し怖がりながらも
左の部屋に入りました。

部屋に入ると皆キョロキョロしながら、
部屋を探索し始めました。

すると一人の女性が
壁に書いてある文字を見つけて、
次は奥の部屋だってと言いながら
進みはじめました。

仕掛け人は、
みんな食いついてきた、
と怖がる振りをしながら楽しんでいました。

すると、先頭を歩いていた女性が、
T字路に付くと

「今度は左の部屋だって」

と言いながら左に進み始めました。

仕掛け人は、
あれっと思いながらT字路の文字を見ると、

「私は左の部屋にいます」

と書いてある。

びっくりして立ち止まっていると、
皆どんどん先に行ってしまう。

皆を追いかけながら色々考えた・・・

自分が壁に文字を書いてから
6時間位しか経過していないのに、
こんな廃ビルに赤いマジックを持って来る人がいるはずがない

それに壁に書いてある字は
明らかに自分の字ではない。

女性の字だ。

言葉にならない程の不安を感じて、
皆にもう帰ろうと呼びかけても
笑いながらどんどん進んでしまう。

先頭の女性が、
何の迷いも無く
左の部屋の扉を開けて中に入り、
皆も続いて中に入った。

皆が壁に書かれている文字を探し始めたが、
仕掛け人はこの状況を皆に説明できずに
ただ、壁に書かれている文字が何なのか、
怖いイメージを膨らませながら震えていた。

すると皆が壁の方をじっと見ている。

震えながらその文字を見ると

「次はおまえだ 今から行きます」

と書かれている。

その文字は明らかにマジックではなく、
血で書いたような赤黒いイビツな文字。

その文字を見るなり、
仕掛け人は悲鳴を上げながら
来た道を全力疾走で逃げて行った。

皆もその後を追ったが、
消えてしまった様に姿は無く
周りは静まり返っていた。

数日経っても家に帰ってこない為、
警察に捜索願を出し、事情を説明した。

その後警察から連絡が入り、
警察署で事情を聞くと、
廃ビルの中のT字路の右の部屋で
頭が無い遺体を発見した。

頭部は今も捜索中です。

と説明を受けた。

廃ビルに一緒にいた3人は
しつこく取り調べを受けたが、
事件未解決のまま
今も頭部は発見されていないそうです。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます