[超怖い話 実話] 恐怖体験 霊柩車 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 恐怖体験 霊柩車 短編

超怖い話 実話 短編


ツーリングを趣味にしている友達から聞いた話です。

その日は天気がよかったので、久しぶりに山梨の方に一人でツーリンングに出かけたそうです。

山道を通っていると、さっきまでは晴れていたのに、ポツポツと雨が降ってきた。

山の天気は変わりやすいので、雨具に着替えようと、次のコンビニまで走っていた。

すると1台の霊柩車が・・・

丁度、信号待ちをしていて、友達のバイクも霊柩車の後ろに止まる感じに停車した。


IMG_2026.jpg

信号で止まっている間、なとなく霊柩車を見ていたそうですが

青に信号が変わった時でした。


 『 バン!! 』


霊柩車の後ろの、カーテンが閉まっている車の窓に


 ” へばりついている人間が・・・”


血の気がなく、この世の人間ではないのはすぐに分かったそうです。

そのまま霊柩車の後を付いていくもの怖かったので、追い越して近くのコンビニにまでいったそうですが

コンビニまで行くと雨が止んでいたそうです。


超怖い話 ランキング ★★★★☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.05|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます